学会運営の派遣バイトはかなり楽?!

学会運営のアルバイトは、なかなか遭遇する機会もないので、体験談もほとんどないと思います。

 

また、秘密保持の観点から内容もあまり公開されません。

 

今回は、秘密にしなければいけないこと(研究の内容や派遣会社の内部情報)以外は体験したことを全て書いていきます。

 


 

 

そもそも学会とは:

ショットワークス 短期バイト

その分野の専門家達が、自分の研究の成果を発表する場です。

 

発表する内容は、あくまで研究のためです。なので、秘密保持が重要になってきます。自分の研究が、意思と関係ない使用されるのを防ぐためです。

 

さらに、以外と知られていないことですが、学会の参加費は、見る側でもかなり高いです。一人あたり、だいたい1〜2万円の間の費用がかかります。

 

なので、来場者の管理にはかなり気を使います。会費を払っていないのに入場する人が居れば不公平ですし、運営の信頼問題になります。

 

仕事内容:

受付、トランク、見回り、会場の運営、ポスターの管理、運営が主な仕事の種類です。

 

どの持ち場になっても専門知識は、必要ありません。また、持ち場によっては、何もせずに待つ時間の方が多いこともあります。

 

ただし、暇な時に他の持ち場を手伝うことはあります。

そもそも何故バイトを募集するのか?

学会運営は、企画から実際の運営まで多様な会社が、長い時間をかけて準備します。

 

企画会社が、1年かけて必要な会場や人数を計算して、運営する会社に依頼します。その間、運営する人員は仕事がないので、派遣会社はいつも人を雇っておくと人件費が高くなります。

 

なので、必要最低限の人員以外は、運営する間だけ雇います。それが私たちです。

 

まとめ:


 

学会運営のバイトは、ノルマはないし、仕事の内容も簡単でした。

 

 

時給が1100円で、交通費が出たのでそこそこ割の良いバイトだと思いました。募集があったらまた行きたいバイトです。

 

ショットワークス 短期バイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする