大学生が試してみたお金の稼ぎ方


id=”今までに試したお金の稼ぎかた”>今までに試したお金の稼ぎかた:

 

大学生活の中で、お金を稼ぐ為にいろいろと試しました。

 

何か参考になると嬉しいです。

 

 

 

長期バイト:

半年以上のバイトです。大学生の収入としては、鉄板ですね。

 

良いところは時給制なので、自分の成果が給料に影響しないことです。

 

また、惰性でも続けやすいのも良い点だと思います。

 

短期バイトだと、求人を探すだけでも疲れますし、面接をその都度受けなければならないが面倒です。

 

反面、長く続けるなら人間関係に気を遣わなければいけません。社員、先輩、後輩との人間関係が苦手なら、長く続けるのは難しいと思います。

 

あとは、長く務めるほど、仕事に対する責任が増えます。後輩の指導は、神経を使いますし、社員の代わりに責任を持つことも増えます。

 

短期バイト:

 

1日から1カ月ぐらいの期間のバイトです。

 

基本的には、急に人が必要になった会社や現場に行くことになるので、責任の重い仕事ではありません。

 

日払い、週払いができる勤め先が豊富なのも良い点だと思います。

 

アンケート:

 

アンケートに答えてポイントを貰い、現金にこうかんできるサイトを利用しました。私が利用したサイトは、マクロミルというサイトです。

 

報酬は、月当たりで数千円が限界なので、これを主な収入先にはできません。

 

小遣いを貰うつもりでやるなら良いかも。

 

 

ライター:

 

クラウドワークスやランサーズで募集している仕事です。

 

1字あたり0.3円〜1円くらいで、1000字から3000字ぐらいの記事を書いて報酬を貰います。

 

自分の場合は、そこまで単価が良くなかったので、時給換算で最低賃金を割っていたと思います。

 

まとめ:

 

アルバイト以外にお金を稼ぐ方法をいろいろと試してみましたが、やっぱりアルバイトが一番効率が良かったです。 

 

ただ、これはあくまで私が要領良くできなかったのが原因だと思います。

 

ライターは、記事の作成をもっと効率良くすれば時間当たりの報酬も高くなったと思います。

 

まだまだ挑戦したいことはありますので、その時はよろしくお願いします。

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする