運動不足で筋トレを始める人に重さを変えられる10キロぐらいのダンベルがおすすめ

筋トレをするうえでダンベルは一般的な器具ですが、はじめて買う場合に悩ましいことがあります。それは、自分にあった重さのダンベルがわからないことです。

重すぎればトレーニングどころではないし、軽すぎれば効果が期待できません。また、楽すぎるトレーニングは、それはそれであきます。

なので、自分に最適なダンベルを選ぶことは重要です。とはいえ、筋トレの経験がまるでないのに自分に合った重さなんてわからないものです。

そんな人に重さの変えられるダンベルをおすすめです。実際に大学に入ってから運動をまるでしていない私でも、いい感じに使えています。

ダンベルは重り:

そのまえに、ダンベルについて簡単に説明します。ダンベルは筋トレの効果を高める重りです。負荷を高めるよく言われますね。

なので、実は重さが同じなら別にダンベルをつかわなくても効果は同じですし、もっと言うと何も持たないで腕をまげたり伸ばしたりするだけでも筋トレにはなります。手に何も持っていない状態では効果はほとんどないでしょうが…

ダンベルが筋トレに使われる理由は、持ちやすいことです。何か別の物を代用した場合は、重さがかたよります。例えば、ペットボトルの水を入れてダンベル替わりにした場合、ペットボトルの握る場所によって手にかかる負担が変わってきますね。

筋トレは、何度も行いますし、長時間を行いますので、ダンベルは重要なわけです。

重さが変えられるダンべル(可変式ダンベル)は自分で設定できる:

私の使っているダンベルは、握るとこを含む長い棒、重り、止めねじとグリップで構成されています。重りは1,5kgと2,5kgが二個ずつあって、2㎏の棒に通して両サイドから挟んで、その上からねじをはめて、最後にクリップでずれないように固定します。

重さの組み合わせは、重りをつけない2kg、5kg、7kg、10kgというように4段階で変えられます。

2kgが重いという人はまずいないと思います。7、10は慣れないと上手く使えないと思います。

10㎏は一番コスパが良い:

10kgのダンベルは2000円で買えます。お試しで使える金額としてはこのぐらいがちょうど良いと思います。

実を言うと、可変式のダンベルはもっと重いものがあります。それこそ、40kg近いものもあるぐらいです。しかし、ちょっと考えてみると運動不足の人があまり重たいダンベルを買っても持て余します。

まずは、無理なく使える重さのダンベルを使って、本格的に筋トレをしたければ、もっと重い物を買うべきです。

まとめ:

ダンベルは筋トレを効率よく行うためにあります。しかし、自分に合った重さはなかなかわからないので、難しいです。

なので、重さを変えられるダンベルが、自分に合った重さを探すのに最適です。その重さもあまり重すぎても持て余すので、コスパを考えると10㎏ぐらいを目安にするべきです。

以上、「運動不足で筋トレを始める人に重さを変えられる10キロぐらいのダンベルがおすすめ」でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする