エポスカードの「スマホでVISAタッチ」キャンペーンは、アップルウォッチやスマートウォッチでも還元対象です。

エポスカードは、VISAタッチの10%還元キャンペーンを3月28日から5月8日までキャンペーン中です。10%は大きいので限度額いっぱいまで使いたいですが、少々気になる点がありました。「スマホで!」の記載です。

「スマホで」とあるのでアップルウォッチやスマートウォッチはだめなの?と思ったので、問い合わせてみました。

結論からいうと

ApplePayでも、GooglePayでもアップルウォッチやスマートウォッチで決済しても対象になります。

以下、もう少し説明します。

スポンサーリンク

公式から返答では「ご利用明細にAP/***もしくはGP/***と表示されるものが対象」

以下、問い合わせの返答から抜粋です。

お知らせくださいました「アップルウォッチやGoogle payを使えるスマートウォッチ」につきましても「対象」となりますので、どうぞご安心くださいませ。

※ご利用明細に「AP/***」「GP/***」と表示されるものが対象になります。

ということで公式からお墨付きを貰えました。スマートウォッチでの決済でも大丈夫です。

エポスカードでの記載例
こんな感じなら対象みたいです。

エポスアプリから明細を確認してみると、アップルウォッチの決済を見つけました。返答にあるようにアップルウォッチで決済するとAP/で記載されるみたいです。

キャンペーンの限度額は5000円なので、還元対象を計算するときにはAP/の明細を数えれると楽ですね。

スポンサーリンク

[まとめ]「スマホで」は物理カードがダメという意味

「スマホで」というのは、カードに搭載されているVISAタッチではダメということみたいです。

電子決済に疎い人に分かりやすくしようとして逆に混乱させられたみたいです。普段使わない人からすると「ApplePayのVISAタッチ」と言われても?が浮かぶでしょうから、「スマホで」と記載したいのも分かりますけどね…

その結果、私みたいにアップルウォッチを使いたい人が対象外みたいな表記になったのかなと思います。

スマホでもそれほど困るわけでもないですが、アップルウォッチに慣れてしまうとスマホでも少し手間ですから、大丈夫と分かって一安心です。

大丈夫だと分かれば限度額まで使うまでです。期限が5月8日までなので全然余裕がありますが、早めに使い切ろうと思います。

以上「エポスカードの「スマホでVISAタッチ」キャンペーンは、アップルウォッチやスマートウォッチでも大丈夫です。」でした。

スポンサーリンク

コメント