LINE証券は初めての株式投資におすすめ

LINE証券は連絡手段として一般的なLINEアプリから始められる証券会社です。

なじみがあるLINEから口座を開設できるので、口座開設のハードルも低いです。

また、1株からでも投資できるところも魅力的です。

スポンサーリンク

LINE証券のメリット

LINE証券のメリットは、手軽な部分が大きいです。主に始めての投資におすすめです。

LINE証券は1株から購入できる

LINE証券は1株から購入できます。

既にご存知の人もいるかもしれませんが、一般的に株は100株単位で取引されます。なので、1株の価格が数百円でも、購入するためには数万円が必要です。

いきなり数万円を投入するのは勇気がいりますが、1株からなら簡単に始められます。

1株の取引でもリアルタイム取引ができる

1株でもリアルタイムで取引できるのも大きな魅力です。

実は1株から取引できる証券は他にもあります。しかし、1株単位の取引では、決まった時間にしか購入できません。

株式市場は前場、後場に分かれています。多くの証券会社の1株取引は、それぞれの始まりと終わりの値段で購入され、売却できるようになるのはもっと後です(前場なら後場、後場なら後場後など)

慣れれば何ということはないでしょうが、初心者の時は少々緊張します。購入したらその場で自分の物になった方が良いかなと思います。

株のタイムセールという割引キャンペーンがある

LINE証券では株のタイムセールがあります。

LINE証券が選んだ5銘柄の中から好きな株を3~7%の割引で購入できます。

割引の割合は人それぞれ違います。割合の決定方法は不明です。もしかしたら利用状況によって決まるのかもしれませんが、個人的には違うと思っています。なぜなら、私は3~7%まで何度も経験していますが、その直前に取引回数が多いとか購入額が大きくても3%なことが何度もありました。なので、ランダム要素が強いのだと思います。

スポンサーリンク

LINE証券のデメリット

初心者に向いている証券会社ではありますが、デメリットもいくつかあります。

手数料は無いが、スプレッドがある

LINE証券は1株単位の取引ではスプレッド制を採用しています。スプレッドでは購入金額が、スプレッドの割合によって上がります。

LINE証券の場合は、日中取引なら0.2~0.5%、時間外なら1%です。つまり、0.2%のスプレッドで1000円の株なら、1株当たり2円かかります。

LINE証券の100株取引の手数料は55円なので、1株取引では28株以上買うと100株よりも手数料がかかります。

それでも低額から購入できることで一度に必要な資金が抑えられるので、投資の始めたてにはかなり助かると思います。

1株で扱っている銘柄は全てではない

1株で購入できる銘柄はおおよそ1500株です。

上場している全ての株ではないので注意が必要です。マイナーな企業を注目される前に買いたい場合にはあまり向いていないかもしれません。

それでも全国区の有名企業はほとんど買えるので、始めたてでまだ情報をあまり知らない場合は、ほとんで影響しないと思います。

[まとめ]LINE証券は初めての株式投資におすすめ

LINE証券は少額から株式投資を始めたい人に特におすすめです。

まとまった資金を投入するのが怖い人でも簡単に始められるので、初心者でも安心して始めることができます。

最後に、投資はあくまで自己責任でお願いします。魅力的な証券会社ですが、利益が必ずかまでは保証できません。

以上、[LINE証券は初めての株式投資におすすめ]でした。

 

スポンサーリンク

コメント