LINEポイントを出金する方法[2020]

LINEポイントはLINEPayに交換したり、他のポイントに交換できる使い勝手が良いサービスでした。しかし、2019年の終わりごろに他ポイントへの交換とLINEPayへの交換ができなくなりました。

LINEポイントは色々なポイントに交換できるサービスから、LINEの関連サービスで使うことを前提としたものに変わってきています。

それでも、LINEポイントをLINEのあるサービスを経由することでLINEPayの残高に変えることができます。LINEポイントは変化してきていて、これからも変わっていく可能性がありますが、現状では一番簡単にLINEPay残高(ほぼ現金、銀行口座への出金も可能)に変えることができます。

スポンサーリンク

LINE証券を使う

LINEポイントをLINEPayに変える方法は、LINE証券のポイント払いです。

LINE証券はLINEPayで支払いをしますが、この時にポイント支払いができます。そして、LINE証券の口座からLINEPayへの出金は、LINEポイントで入金した残高もLINEPay残高になります。

つまり、LINEポイントのLINEPay残高化ができます。

スポンサーリンク

口座開設が終われば交換は簡単

口座開設は証券口座なので少々面倒です。ただし、スマホで証明書やマイナンバーの提出も終了するのでそこまで面倒ではありません。

口座開設が完了すれば証券に入金して、証券口座からLINEPayに入金できます。

LINE証券に交換できるのは、証券業会ポイント投資の盛り上がりが大きい

LINEポイントをLINEPayに交換できなくしたのにLINE証券の入金にポイントが使えるのは少し不思議な気がします。

おそらく、ポイントが入金できる理由は、他社でのポイント投資が盛り上がっているからだと思います。楽天証券(楽天ポイント)やSBI証券(Tポイント)は、ポイントで少額から投資ができることを大きく宣伝しています。

LINEもポイント投資で始めるハードルを下げる意図を感じます。そのため、LINEポイントが入金に使える仕様にしたのかなと思います。

LINE証券で交換が続くかはLINE証券の盛り上がり次第

LINE証券へのポイントの入金がこれからも続くかは、ポイントの利用がLINE証券の盛り上がりにつながるかが大きいです。

LINEポイントがLINEPayや他のポイントへの交換ができなくなったのは、ポイントを現金化したり他社のポイントへ移動することが多かったからだと思われます。

LINE証券がただのLINEポイントを移動するための経由先のようになれば、LINEポイントを入金することや、入金されたポイント分の残高を出金できなくなるかもしれません。

LINE証券を使いつつポイントを交換していくのが長続きしそうな気もします。

[まとめ]LINE証券を使えばLINEPay残高化ができる

現状ではLINEポイントは、LINE証券を使ってLINEPayに交換できます。

交換が可能な理由は、LINEポイントをLINE証券へのポイント投資として使ってもらうことだと思います。なので、あまりポイントの経由先として認識されるのはLINE側は望んでいないと思います。

長く交換できるようにはLINE証券を適度に利用しつつ、最終的には出金に繋げていくのがベストだと思います。

以上「LINEポイントを出金する方法[2020]」でした。

スポンサーリンク

コメント