SBIネオモバイル証券は定額手数料で手軽に始められます

定年までに2000万円を貯める必要がある老後2000万円問題などで、投資の必要性は高まっています。

しかし、投資は「大きな資金が必要」、「リスクが高い」という イメージがありませんか?それは確かに間違ってはいませんが、最近はそのイメージとは異なるサービスもできています。

SBIネオモバイル証券(以下ネオモバ) は、資金が必要で高リスクという投資のイメージとは違い、低資金から投資を始められます。

ネオモバは、定額低手数料で1株からでも売買ができるので、始めての投資にもおすすめです。ネオモバの利点についてこの記事では紹介します。

スポンサーリンク

SBIネオモバイル証券は大手証券会社のSBIとCCCが株主

ネオモバは正式名称についているSBIとCCC(Tポイントの会社)の小会社です。SBIは大手の証券会社で、ネオモバイル証券はもっと少額で取引できることを売りです。

大手の会社が運営に関わっているのでサービス内容も充実しています。

スポンサーリンク

手数料が定額

ネオモバは月ごとの定額手数料という方法を導入しています。手数料は1か月に取引が50万円以下なら200円です。支払いはクレジットカードによる引き落としです。

さらに、手数料はTポイント(限定ポイント)で200円が返ってきます。

Tポイントで投資ができる

Tポイントを使って株を購入できます。

Tポイントカードでポイントを貯めているけど使い道に困っている人は株の購入資金の足しにしても良いかもしれませんね。

少し気をつけたい点

少しだけ気になる点も紹介します。

クレジットカードの登録が必要

定額の手数料の支払いはクレジットカードで行います。なので、クレジットカードを登録しなければいけません。口座から引き落としが良い場合は向いていません。

定額手数料なので取引しなくても手数料がかかる

手数料は定額制なので取引をしなくてもかかります。なので、取引を1か月に全くしない場合でも手数料はかかります。

しかし、少額での購入に向いているネオモバは毎月少しづつ売買する使い方が主です。全く取引しないことは少ないかと思います。

また、200円というのはネット系の証券会社の4~5回分の手数料です。取引をほとんどしない月があっても、取引をよくする月に他の証券会社で取引するよりは、手数料を安くできると思います。

投資対象に制限

NISAやiDeCo、投資信託などは売買できません。

なので、株の取引以外はできないと考えた方が良いでしょう。

1日にできる取引回数が少ない

注文は1日にできる回数が限られています。1日に何度も取引をしたい場合にはあまり向いていないです。

それでも長期的にコツコツと株を買っていくなら1日単位での株価はあまり関係ありません。それほど何度も取引できないことは気にならないでしょう。

注意点は少額の投資ならほぼ気にならない

注意点はいくつかありますが、少額で株を始めてみるという時にはあまり気にならないことが多いです。

コツコツと低リスクで株を始めるのに向いた証券会社と言えると思います。

[まとめ]ネオモバは少額でコツコツと取引するのに向いている

ネオモバは少額でコツコツと取引するのに向いた証券会社です。

Tポイントで投資ができたり、1株単位で株を買えたりとお金をあまりかけずに投資ができます。自己責任の投資を低リスクで始められるので初めての株取引におすすめです。

以上「SBIネオモバイル証券は定額手数料で手軽に始められます」でした。

スポンサーリンク

コメント